PreSonusからStudioLiveシリーズIIIのラック・ミキサーが登場!

PA機器 トップページ1 新製品情報
PreSonusからStudioLiveシリーズIIIのラック・ミキサー各種が発表されました。








パワフルなスタンドアローン・デジタルミキサーとしてだけでなく、StudioLiveシリーズIIIコンソール・ミキサーと接続することにより、シンプルなAVBステージボックスまたはモニター・ミキサーとして機能します。

軽量のCAT5eまたはCAT6Ethernetケーブル1本のみでStudioLiveシリーズIII FOHコンソールに接続することができ、重たいマルチケーブルや、長いアナログ・ケーブルにつきものの信号劣化とも無縁です。プリアンプやファンタム電源をネットワーク接続されたシリーズIIIコンソール・ミキサーからリモートコントロールすることさえ可能。必要なスペースは最大2Uと極めてコンパクトです。



StudioLiveシリーズIIIラック・ミキサーには、StudioLiveシリーズIIIコンソールと同じ第3世代のFat Channelプロセッシングが搭載されています。デジタルの精度とアナログの感性を提供するシリーズIIIのFat Channelは、クラシックなチューブ・リミターからパッシブEQまで、ビンテージ・スタイルEQとコンプレッション・オプションを各チャンネルにプラグインスタイルのワークフローで実装。チャンネル・プロセッシングに加え、StudioLiveシリーズIIIラック・ミキサーは6バンドのフルパラメトリックEQを全ミックス出力に提供します。レコーディング、モニターのミキシング、FOHシステムの実行に、広範なスタジオスタイルのプロセッシングが楽しめます。



StudioLiveシリーズIIIミキサーは、最新鋭のソフトウェア・スイートにタイトに統合されています。無線または有線ネットワーク上で、UC Surfaceタッチコントロール・ソフトウェア/アプリ(Mac/Windows/Android/iPad®)を使用して、いつでもどこでもミックス。エフェクトを使用した超低レイテンシー録音が可能なStudio One ArtistでミキサーのリコーラブルXMAXプリアンプとFat Channelプロセッシングをリモート・コントロール。Captureでバーチャル・サウンドチェックを完全自動化し、ライブを録音。ライブ録音と一緒にミキサー・シーンをCaptureに保存してStudio One Artistで編集。StudioLiveシリーズIIIとソフトウェアは、ユーザーのクリエイティブ構想の実現を支援するエコシステムを形成します。








【PreSonus StudioLive 16R 】
■発売日:1月26日(金)
■価格 :¥128,000(税込)

【PreSonus StudioLive 24R 】
■発売日:1月26日(金)
■価格 :¥168,000(税込)

【PreSonus StudioLive 32R 】
■発売日:1月26日(金)
■価格 :¥198,000 (税込)


●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。

Social

Tweet