【Cubase Pro 8 新機能 】②プラグインマネージャーとGroove Agent SE4、VST Bass Amp

DTM 特集
 

 

 

▼Steinberg  最新ドラム音源 Groove Agent 4のSE版を収録!

Groove Agent SE 4_1

 

 

先日、発売された ドラム音源 Groove Agent 4 の多くの機能が利用できる「Groove Agent SE4」を収録!

Groove Agentのバージョンアップは久々でしたので、サウンド面がぐっと向上しています。

 

 

 

 

 

▼ありそうでなかなか少ないベース用プラグインを新規搭載!

VST BASS AMP_1

 

ギタリスト用の強力なエフェクターであるVST Amp Rackに加え、ベースアンプおよびエフェクターをシミュレートしたVST Bass Amp」を新搭載。ありそうでなかなかないベース用プラグインです。ペダルエフェクト、アンプの種類、キャビネット、マイクセッティングなどを自由に設定でます!

オーディオ録音したベースにはもちろん、ソフトシンセやハードシンセに含まれるベースの音色にかけてリアル感じに仕上げるのもありです!

 

 

 

 

 ▼グループ化に対応したプラグインマネージャー

Plug-in Manager

 

プラグインマネージャーでは、 インストールしているプラグインエフェクトやソフトシンセが一覧できるだけでなく、フォルダの新規作成がきで、お気に入りのエフェクトを入れておくことができます。よく使うコンプやEQをまとめて入れておくのも良いですし、「ミックス用」「マスタリング用」などと用途別にあらかじめお気に入りのプラグインをグループ化することで、制作効率が向上します!

 

 

 

 

 

 

戻る

Social

Tweet