システム・プログラムVer.2.0も公開 |Roland、76鍵セミウェイテッド「FA-07」を発表!

シンセサイザー トップページ1 トップページ4 新製品情報
Rolandから「FA-07」が発表されました。



圧倒的なサウンド・クオリティと直感的な操作性で定番の地位を確立したFA シリーズ。「FA-06(61鍵)」「FA-08(88鍵)」に続き、キーボーディスト待望の76 鍵モデルの登場です。76 鍵セミウェイテッド鍵盤の採用により、広い音域を駆使した演奏表現が飛躍的に向上。スプリット演奏の表現も幅が広がります。



さらにFA-07 はシステム・プログラムVer.2.0 を搭載。多くのミュージシャン、キーボーディストからのフィードバックは、システム・プログラムVer. 2.0 となり、FA-07 をさらに進化させました。スタジオ・セット内の複数のパートのミュートを一気に操作する「サウンド・リメイン」機能。レイヤ/スプリットさせた音を途切れさせることなく、瞬時に別の音に切り替えることができる機能です。また、右手が忙しいときに、パッドの操作をディスプレイ下のボタンで代用する「Virtual Pad」、DAW との接続時にソフトウェア・シンセサイザーを本体音色と同じように扱う「マスター・キーボード」機能の強化、本体のパッドとAbleton Live との高度な連携、新規スタジオ・セットの追加など様々な機能が追加され、制作やパフォーマンスの幅が広がります。
(※ FA-06/FA-08 用システム・プログラム2.0 は、Web にて公開予定。)

【特徴】
●76 鍵セミウェイテッド鍵盤を新採用。プレイアビリティが格段に向上。
●可搬性に優れる軽量ボディ(8.5kg)。
●システム・プログラム2.0 を搭載。複数のパート・ミュートを一度に操作し、音切れなく音を切り替える「サウンド・リメイン」機能、パッドの操作をディスプレイ下のボタンで代用する「Virtual Pad」など。
●Ableton Live 用のコントロール・マップを搭載。Ableton Live Lite のライセンスも付属。




ライブでの演奏に最適な「76鍵セミウェイテッド軽量シンセ」と言えば、現在は生産完了となった同社「JUNO-STAGE」まで遡り、中古市場でも希少です。

「61鍵では足りない…」
「でも本体は軽量は方がいい…」

「使える音色」が大量に入った「76鍵セミウェイテッド軽量シンセ」、探していた方も多いのではないでしょうか!?

【Roland/FA-07】
■発売日:2017年7月28日(金)
■価格 :155,000円+税

buy_now


●問い合わせはこちら。「DTMersを見た」と書いていただけるとスムーズです。

Social

Tweet