ひとまずDJをやってみたいという方にオススメのDJアプリをご紹介!

DJ 店頭スタッフがご案内!
御茶ノ水本店デジタル、DJ担当今宮です。
今回は、DJをやってみたいけど、予算がない!という方に入門向けのアプリを紹介したいと思います。



まずは「BABY SCRATCH」。
これはいくつかのループトラックにスクラッチネタがプリセットされており、指でターンテーブルのところを触るとスクラッチが出来るアイテムです。自分の声をレコーディングすることも出来ます。「アーイエー!」とかIPHONEに向かって叫べば、その声をすぐにスクラッチできるので、宴会芸でもどうぞ。w

無料のアプリですが、実際に以下の楽器と組み合わせることが出来ます。


FLX-1100WHT FLISK FADER




フェーダーのみのシンプルなつくりに、ステレオミニケーブルを装備した通称フリスクフェーダー。「BABY SCRATCH」というシンプルなアプリがばっちり楽器になります!!



続いてはalgoriddimの「djay 2 for iPhone」。
アプリスストアで240円で購入いただけます。iTunesに入れてあるプレイリストから曲を選択することができ、曲を2つのデッキにロードすることでノンストップでDJを行うことが出来ます。異なるテンポの曲もSYNCボタンで簡単に合わせたり、効果音が入っていたり、録音機能もついているので、移動中にミックスを作成したり、ダンスショーなどの音源を作ることも出来るので、私も周りの友人などによくオススメしています。
BGMをノンストップで流しておきたいなんてときにも使えますね!



このアプリをさらに有効にしてくれる機材はこちら!


CASIO カシオ / XW-DJ1 DJコントローラー TRACKFORMER


アナログレコード特有の溝を再現した7インチ大型スクラッチディスクを搭載したモデル。宇宙船のようなデザインですね!実際にアナログレコードで操作をしている感覚で、スクラッチやミックスが楽しめます。さらに電池駆動&スピーカー内蔵なので移動式スクラッチプレーヤーになってしまいます!



Pioneer DJ パイオニア / DDJ-WEGO4-K ブラック DJコントローラー


PC/MacやiPhone/iPadが接続できる「DDJ-WEGO4-K」。iPhoneと「djay 2」とこれがあれば、本格的にDJが出来ます!



最後はこちら。「BPM」。
これはアナログDJにオススメしたいアイテム。無料アプリです。
DJにとって、いまやPCDJでシンクが出来てしまう時代ですが、アナログでのプレイでは自分でテンポを合わせるとき、BPMカウンターというものを使うことでテンポを計測していました。BPMは、Beats Per Minuteの略で、1分間になるドラムのキックの回数を計測することで、曲のテンポが計測出来ます。

昔はアナログDJといえば、曲のテンポをレコード盤に記載するDJがいたり、中古レコードを購入するとBPMがレコードに書いてあることがあり、あーこれはDJがよくかけていたんだな、、なんていう想像が出来たものです。

音楽をスムースに繋ぐには、BPMの近い曲をDJの際にセレクトしておくことでグルーブを崩さずにミックスが出来るかと思います。参考ですが、R&BやHIPHOPはBPM70後半から115くらいまで、ハウスは120以上、テクノは130以上の曲、DUB STEPは140あたりとか多めだったります。

私もトラック制作の際、このBPMアプリを使ってBPMはこのくらいの曲を作ろう、とか考えたり、色々便利に利用しています!

と、駆け足でご紹介してきましたが、ひとまずDJってどんなものなんだろう?とご興味ある方はぜひ利用してみてはいかがでしょう!?

この記事を書いた人

今宮 吉国
御茶ノ水本店デジタルフロア担当。御茶ノ水本店デジタル部門の責任者でもある。当店スタッフでありながら現役DJ、PRODUCERとして活動中。シンセ、DJ、PA、DTMなどデジタル機材全般に精通し、製作者、現場ならではの意見をお客様へ提供できる数少ないスタッフであり、皆様のニーズに合った機材を探すお手伝いをさせて頂きます。

Social

Tweet