DAWは買った!・・・次に買うならコイツで決まり!

DTM 店頭スタッフがご案内!
渋谷店デジタル担当の鳴尾です。

当店でも日々DAWの導入を検討されているお客様からのご相談が多く寄せられております。
DAW導入したけど、内蔵の音源やエフェクターではやはり物足りない!
そんなアナタにお勧めの商品を独断と偏見を交えてご紹介します!!

バンドサウンドを作るのがメイン!そんなあなたには!
やはり・・・ドラム音源でしょう。

知らないうちにもうその音を耳にしているといっても過言ではないほど、様々な音源で使用されているドラム音源が
「Addictive Drums」です!

Addictive Drumsは現在のバージョンである2になる以前からその音の良さと、動作の軽さで多くのクリエイターに使用されているドラム音源です。一昔前のリズムマシンとは違い、実際にスタジオにドラムを置いてマイクを立てて録音した状態を扱うことが可能です。
ですのでそれぞれのパーツに個別のエフェクトを掛けたり、キット自体を入れ替えたり、実際のスタジオでその作業をやるとなると流石に大変ですが、そこはソフトの利点ですね!

もう1つドラム音源のおススメ!
FXpansionの「BFD3」です!

こちらもAddictiveDrumsと同じく、スタジオでの録音されたドラムを再現するソフト音源。
以前のバージョンでは動作がすこし重いなどと言われておりましたが、現行バージョンの3は動作に関しても以前に比べ軽快になったかと思います!
音作りが難しいなどとも言われますが、逆に言い換えれば音作りの幅はかなり広いとも言えます!
サンプル量は55GBですが、155GB相当のサンプルを使用しリアルなサウンドを実現しています。
音作りにこだわりたい!そんなあなたにはBFDがおススメです!

上記2つのドラム音源には予め即戦力のパターンも内蔵されていますので、「ドラマーじゃないので良いフレーズを作るのが大変だ」という方にもおススメです!

とにかく!DAW内蔵のサウンドでは足りない!そんなあなたにはこれしかないでしょう!
Native Instrumentsの「KOMPLETE」シリーズです!

KOMPLETEはその名の通り正にソフトシンセを「COMPLETE」出来るパッケージです!
ラインナップは「KOMPLETE SELECT」「KOMPLETE」「KOMPLETE ULTIMATE」の3ラインナップ。
KOMPLETEには実に45種類にも及ぶソフトシンセサイザーとエフェクトがバンドル!
特に有名なソフトシンセ「MASSIVE」!



EDMクリエイターのみならず幅広い層に支持されるアナログ・モデリング・シンセサイザーです。
図太い音から空間を引き裂くような激しいサウンドまで、シンセサイザーらしいサウンドならMASSIVEが強い味方になってくれることでしょう!
それ以外に先ほどご紹介したAddictiveDrumsやBFD3とは違いマシンドラムサウンドに強い、「BATTERY」



ライブラリがとても充実していてプリセットだけでもかなりの充実度ですが、いわゆるドラムサンプラーですので、オリジナル素材でお好みのキットを作ることも簡単にできます!

などなど、全部ご紹介するにはあまりにも多すぎるKOMPLETEですが、前述の通り3つのラインナップがございます。

お値段のお手ごろな「KOMPLETE SELECT」

こちらにも大人気の「MASSIVE」を初めとする11種類のシンセ/エフェクト、2500種類以上のサウンド、合計で25GBの充実度!

先ほどの「KOMPLETE」はなんと45種類のシンセ/エフェクト、13000種類以上のサウンド、合計で155GB以上!
そしてフラッグシップの
「KOMPLETE ULTIMATE」

驚きの87種類のシンセ/エフェクト、18000種類以上のサウンド、合計で500GB以上の内容!NativeInstrumentのサウンドすべてが詰まった内容となっております!

ミックスの際のプラグインエフェクトの種類やクオリティーをもっと上げたい!
そんなあなたにはWAVES GOLDがおススメです!

30種類以上のエフェクトが一挙バンドルされたGOLDはEQ、コンプやリバーブなどの空間系など、多くのプラグインを含み、定番のL1やTrueVerb、Renaissanceシリーズのプラグインに加え、ハイクオリティかつキャラクターのしっかりしたプラグインが多数収録されております。ミックスの際の強い味方となる事間違い無しのプラグインバンドルです!
ちなみにWAVESプラグインに関してはこちらの記事も是非ご覧下さい!
DTMersのマストアイテム~Wavesプラグイン

いかがでしたでしょうか!
DAWを導入して使っているけど付属音源やプラグインが物足りないな~と思っている方の
参考になれば幸いです!

最後までお読み頂き誠にありがとうございました!

この記事を書いた人

鳴尾 篤彦
渋谷店デジタルフロア担当。幼少に始めたピアノを始め、ギター、ドラムも演奏するマルチプレイヤー。DTM、レコーディング、PA関連のノウハウもあり、リハーサルスタジオや飲食店の音響システムのプランニングなども手掛ける。幅広い知識と経験でみなさまの音楽ライフをサポートいたします。

Social

Tweet