「MASCHINE」ソフトウェアがV2.7へアップデート!Maschine MK3に新機能も!

DJ DTM サポート情報 トップページ4 プラグイン
SAVE ON KOMPLETE キャンペーン」開催中のNative Instrumentsから、グルーブボックス・「MASCHINE」のソフトウェアアップデートが公開されました。



今回のアップデートでは新機能として「REAL-TIME TIME STRETCHING」と、「LOOP」と「GATE」の2モードを切り替え可能なAudioプラグインが追加。

 
REAL-TIME TIME STRETCHING


新しいループをドロップすると、自動的にプロジェクトのテンポにマッチし、テンポを変更するとリアルタイムで追従します。

またループのオーディションも可能で、作業フローを維持しながら、ループ音声を確認、ロード、スワップすることが可能です。

 
「LOOP」と「GATE」の2モードを切り替え可能なAudioプラグイン


「GATE」モードではループはミュートされており、パッドをトリガーしている間だけループが発音されます。

発音させたい位置でドラミングすれば、ループを簡単に刻むことが可能。

キーボードモードのMIDIノートを上下させるとループの音程がシフトするので、元のループからユニークなメロディーを作ることもできます。



また、併せてMaschine MK3のファームウェアアップデートも公開。

パッド、スクリーン、ボタンの明るさ、オーディオとMIDIのルーティング、パッド感度、ヘッドフォンとメイン出力のルーティング、そして様々なベロシティカーブを選択してパッドの反応をコントロールするなど、ハードウェア設定の変更が直接Maschine MK3側から操作できるようになりました。

新音色や新規エフェクトのような派手さこそないものの、ソフト面でもハード面でもワークフローの最適化に役立つアップデートとなっています。

直感的な操作から生まれるインスピレーションを逃さず形にしていける「MASCHINE MK3」、この機会にぜひお手にとってみてください!

Social

Tweet